炭酸水

ニキビに強い体質になる

ニキビが出来る原因は根本的に生活習慣の乱れ、日々のストレス、栄養不足やホルモンバランスの変化から起きやすいと言われています。
しかし、毎日仕事で忙しい現代人にとってこれらを劇的に変化させるというのは難しいことです。
そもそもニキビが出来るのは毛穴に詰まった皮脂を媒体に増殖するアクネ菌が活発化し炎症を起こす事が原因ですので、この菌を繁殖する環境を改善することが大切だと言われています。

ポイントとしては皮脂を貯めない肌を作ることです。
これは日々の洗顔の方法、肌の保湿などで抑えることが出来ます。
洗顔の仕方によっては、肌のバリア機能を壊してしまい余計にニキビが出来やすい肌になってしまうので注意が必要です。
特に洗顔においては強くゴシゴシ洗えば汚れが落ちるという認識を持っている方は要注意です。

もともと洗顔料には汚れを浮かせる成分が入っているので、洗顔は良く泡立て優しく肌になじませて、洗顔料を洗い落とす際も泡を残さないように流すだけで十分だと言われています。
もちろん洗顔後タオルで顔を拭く際もこするより、タオルを肌になじませ水気をとることがポイントです。
そして洗顔後に化粧水をうっすらなじませる、この一連の作業でニキビが出来にくい体質を作ることが出来るので一度試してみてはいかがでしょうか。
ニキビ用のスキンケア商品を使って保湿してあげることで、原因となっているアクネ菌を退治することができます。