炭酸水

乾燥肌とオイリー肌、ニキビの対応

ニキビは角栓と呼ばれる皮脂の塊が、毛穴に詰まり、これを媒介にしてアクネ菌が増殖して発生します。
もちろんオイリー肌な方は、大量に皮脂が分泌されやすく、毛穴にその塊が詰まりニキビが出来るというのが定説ですが、乾燥肌にも同じように微量ながら皮脂は分泌されるので同様にニキビは出来ます。

乾燥肌にできるものは、乾燥ニキビと呼ばれますが分泌される皮脂が少ないのであれば毛穴は詰まらないと思われがちですが、実は乾燥肌の方はオイリー肌の方よりも毛穴が細いため、肌の性質によってニキビが出来やすい、出来にくいということはありません。
乾燥肌の特徴としては、本来肌を保湿、保護するバリア機能が通常より低い状態を指します。
バリア機能が低い状態ですと肌の水分が蒸発しやすく肌の潤いが失われ、それに伴い角質層が硬化し毛穴が細くなり少しの皮脂でも毛穴が詰まりやすく、ニキビができると言われています。

このように乾燥肌でもニキビは出来やすいことはお分かりいただけましたでしょうか。
乾燥肌の方も、日々の洗顔はもちろん、保湿性の高い化粧水やローションを利用したスキンケアが重要になってくると言われています。
一部のコスメブティックや化粧品取扱い店では無料肌診断というサービスを行っているところもあるので、スキンケア製品を選ぶ前にご自身の肌を一度診断してみてはいかがでしょうか。