炭酸水

肌荒れとニキビの違いについて

まず、肌荒れとは、ニキビも含め、湿疹、かぶれなどの肌トラブルの総称を指します。
ニキビは古くなった角質や皮脂が硬化した角栓が毛穴に詰まり、ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖しておこる皮膚の炎症疾患であり、医学用語では挫創と呼ばれる傷の一種であると言われています。

しかしニキビに関しては湿疹、かぶれよりも治りが早く、範囲が狭いため普段通りの生活を続ける方も多いのではないでしょうか。
ここで注意をしなければいけない事はニキビにも軽度のものから重度のものもあるということです。
軽度のものは自然治癒で治るケースがほとんどですが、重症化してしまうと、傷や凸凹など、一般的にクレーターと呼ばれる跡が残ってしまうという事です。

一般的にホルモンバランスの崩れやビタミン不足から発生すると言われている為、夜更かしや、過度の飲酒の次の日、女性に関しては生理前に起こりやすいので日頃から注意しなければいけませんが現代人の生活リズムから考えるとなかなか難しいところであると言われています。
そこで比較的軽度な状態でも湿疹やかぶれのように皮膚科に行けば治療、ビタミン剤の処方もしてくれますので、すこし治りが遅いなと感じたら一度相談する事をオススメします。
また、ニキビが顔にしかできない理由についても参考にご覧ください。