炭酸水

ニキビの場所による対策

ニキビが出来る場所を大きく分類をすると『額』、『鼻』、『ほほ』、『口周り』、『あご』5箇所ですが、ほとんどの原因は体内環境にあると言えます。
『額』、『鼻』、『口周り』は消化器系の不調から来ると言われ、『ほほ』、『あご』はホルモンバランスの変化から来ると言われております。

ニキビが出来てしまった時の対策方法としては、『額』の場合は患部を清潔に保てるように髪の毛がかからないような髪型にする。
『鼻』、『ほほ』の場合は、皮脂が出やすい場所なのでピーナッツなどの油もの、お菓子などの甘いものの摂取を控える。
『口周り』の場合は、ビタミン不足から影響が出やすいので、食事の栄養バランスを考え積極的にビタミンを摂取する。
『あご』の場合は、寝不足やストレスから来ることがあるので十分な睡眠、生活習慣の見直しをする必要があると言われております。
また、『ほほ』、『あご』はホルモンの分泌量に影響を受けるため、特に女性は生理前の時期、メイクの落としのこし、洗顔の部分的な洗い残しに気をつけなければいけません。

もちろん顔のパーツに出来るニキビは箇所によって特徴がありますが、共通して言えることは日々肌を清潔に保つことです。
洗顔も大切ですが、洗い残し、洗剤の落とし忘れにも気を使ってみてはいかがでしょうか。
他にも洗い流しが不十分なことで背中やおしり、デコルテなどにもできてしまうことがあります。
その中でも一番厄介なおしりニキビの予防方法がこちらで紹介されていますのでご覧ください。
また、肌への直接アプローチの他にも、1日1から2リットルくらいの水を飲み血中老廃物を排出したり、ビタミンB2,B6などニキビ予防に効果的なビタミンが含まれている食品を日々の食事に取り入れたりすることで憎きニキビが出来るのを防いでくれます。