炭酸水

ニキビと吹き出物の違い

一般的には20歳までのものをニキビ、それ以降のものを吹き出物と言われています。
ただ、吹き出物もニキビであることには変わらないので、現在では『大人ニキビ』とも言われております。
もちろん症状は同じで、皮脂が毛穴に詰まることでアクネ菌が増殖して、諸症状を発生させていることは変わりません。

ただ、ニキビが出来る原因として思春期と大人になってから出来るものに関しては根本的に違うようです。
まず、思春期にできるニキビは成長の過程でカラダのホルモンバランスが崩れることによっておきると言われています。
一方大人ニキビはホルモンバランスが崩れ出来ることには変わりがないのですが、ストレス、喫煙、飲酒など生活習慣の乱れ、メイクなどの肌への刺激、生理などが体のホルモンバランスを変化させることに強く影響しています。

もちろん、両者ともに対処方法としては洗顔をして肌を清潔に保つこと、化粧水で保湿をするというところでは同じですが、大人ニキビの場合、ホルモンバランスを崩す原因が生活習慣などに起因している場合が多いので、生活習慣の改善、サプリメントによる予防、治療なども重要になってきます。
また、発生場所によって対象方法が違うので注意しなければいけません。